真夜中

ひさしぶりに仕事がばたついて、へとへとくたびれて眠りたいのだけど、なにか眠りたくない感覚があって、音楽をかけながらWordpressをいじってる。

そういえば昔はこんな感じだった。

久しぶりにニコニコ動画をのぞいてみたら、インターフェイスが前よりもっと最近風に洗練されてた。削除済み表示だらけで随分とヌケの多いマイリスト動画をポチポチしながら、時間経ったんだなーってぼんやりと思った。

そういえば、家を買ったことさえ書いてなかった•••。

草々徒然

金曜日、会社に私物Mac Book Proを置き忘れてしまった。
仕事MTGに持っていきたくなかったので、バッグから出したのが運のつきだった。

なんで、既に退役済みの ThinkPad T61をひっぱりだした。
OSがWindows XPなので、まずはWindows Updateで可能な限り
内部ファイルを最新化した上で、XP対応継続を表明しているChrome と
テキストエディタのみ使って作業したんだけど、まだスイスイ使えた。
※外付けHDにファイルをがっつり移動して、
逼迫してたハードディスクを空けたのもよかったかも。

お仕事柄のモラルもあり、さすがにXPでの継続使用は躊躇われるが、
Windows8かChromeOS入れるなりすれば、ハード的には使えるのかなと思う。
でもWindows8を正規で買う気は……

久しぶりに自宅でPC作業したついでに、
このブログにgoogle analytics の設定とかもしてみた。
せいぜいテストになる程度には更新したい。(こういうの書くの何度目だろうか。。。)


夕方、東京都サッカートーナメント決勝戦の
横河武蔵野 – 明治大学戦を見に行こうか思ったものの、
雷・豪雨・竜巻なんて情報に新宿南口で焼身自殺とか、
意味不明に都心がカオスっているようなので途中で引き返した。

結果は 横河武蔵野、0 – 3 明治大学
横河武蔵野、残念。
でも、先週ゼルビアとのPVでも見たけど、
明治大学、どうやら本当に強い模様。
天皇杯、J2中位くらいなら食うんじゃなかろうか。
追って、初戦から見に行くのもありかもしれない。
でも初戦山梨はちょっと遠いか…。

 

あと、こないだ @6LR61YXJ さんから教えてもらった高円宮杯プリンスリーグ関東
国学院久我山が試合やってるのを知って、ちょっと行ってみたい。
母校であることもさることながら、昨年末の選手権、久我山の試合を見に行って、初戦で敗れたものの
なかなか良質なパスサッカーをしている感じでとても印象がよかった。
7/6 FC東京U18、7/12横浜F・マリノスユース、7/20大宮アルディージャユースとか俺得。
スケジュール合えばどれかしらに行こうかと思う。
http://www.princeleague-kanto.com/match01_09.html

詩人のポエム

すべてのカードを並べて
エースかな、キングかな、と
戸惑ってるだけの時は過ぎ
プラダの靴でウキウキ通りを歩く様な
機嫌無敵なデイズに突入!
その最高潮とも、言えるこんな
記念すべき今夜。
お二人の大切な友達のみなさんと
この船旅をシェア出来た事に感謝します。
船上から東京タワーを眺めつつ思うのは、あの時ピチカートファイブが言っていた東京って、こういう事だったんだなーって事。
それともう一つ。
ダッフルコートの冬も
セントジェームスのボーダーの夏も
左くんとモリスの
こんな日がずっとずっと続けば良いなって事。
そんな事を祈りながら僕たちは
テーブルの酒を全部飲み干す。
では、いってみましょう!
乾杯!

結婚式のBGM

結婚式関連で使用した楽曲リストです。
全部選ぶのにかなり苦労しました…

でもこれら楽曲のリストつくって、
はじめてイベントの雰囲気を想像することができたので
やったかいあったなーと思ってます。

——————-

▼ 披露宴

[ ゲスト入場 ]
そして伝説へ (III) (エンディング) / すぎやまこういち: 東京都交響楽団
イタリア協奏曲 第3楽章 / バッハ
王宮への招待 / すぎやまこういち
イタリア協奏曲 第1楽章 / バッハ
メヌエット / バッハ
花の民プクリポ ~ 地の民ドワーフ ~ トンテンカン ~ あの丘を越えたら / すぎやまこういち: 東京都交響楽団
Love Song 探して (II) (プロローグ) / すぎやまこういち: 東京都交響楽団

[ 披露宴中 ]
・入場
My Favorite Things / 土岐麻子

・乾杯
星屑サンバ / モダーン今夜

・新婦中座
What’s a wonderful world / Rouis Armstrong feat. Kenny G

・新郎中座
With A Little Help From My Friends / Sergio Mendes & Brasil ’66

・再入場
ユメノトビラ / Jazzin’ park

・ケーキ入刀
Wedding March 8bit Version / R.G.B

・ファーストバイト
I Want Candy (Kevin Shields Remix) / Bow Wow Wow

・新婦お手紙
リフレクティア [オルゴールver.] / 菊地創

・花束贈呈
All You Need Is Love / The Beatles

・新郎挨拶
Whatever / Oasis

[ BGM ]
You are the One / 中塚 武
Sweet Child O’ Mine / Banda Do Sul feat Natascha
ラテンでレッツ・ラブまたは1990サマー・ビューティ計画 / Flipper’s Guitar
となりのワンダーガール / Haydon
だいすき / 岡村靖幸
How Deep Is Your Love / Take That
浪漫飛行 / 米米CLUB
島唄(edited) / Sotte Bosse
Living Together, Growing Together / The Fifth Dimenson
Heartbeat / Tahiti 80
朝日のあたる道 / Original Love
THE LOVE PARADE / Cornelius
メルト / SUPERCELL
You Can’t Hurry Love / YOUR SONG IS GOOD
Chocolate Song / Spaghetti Vabune!
JOY / Jazzin’ park Feat. Heather Johnson
強い気持ち・強い愛 / 小沢健二
Don’t Talk / Larry Lee
Nothing To Declare / Cloudberry Jam
Orchard Full Of Orange / boys & girls together
Watermelon / 高橋幸宏
キス・キス・キッス / カジヒデキ
Hail Holly Queen / SiSTER’S ACT
NOW AND FOREVER / Folder 5
By The Way / Coco d’Or
いつも二人で / 宮本浩次
雨は毛布のように / キリンジ
ラブリー / 小沢健二
ビッグ・バッド・ビンゴ / Flipper’s Guitar
Overjoyed / Stevie Wonder
未来予想図 II / Sotte Bosse
僕らの夏の夢 / 山下達郎


▼ ひだりとモリスの WEDDING PARTY @ HOTALUNA

[ 夫婦DJ ]
かもめ島 / モダーン今夜
ぼくらが旅に出る理由 / 小沢健二
SAMURAI / HONDALADY
young,alive,in love -bm remix- / Flipper’s Guitar
LADY NAVIGATION / B’z

[ BGM ]
・入場
Rainbow / i-dep

・新郎挨拶
ビッグ・バッド・ビンゴ / Flipper’s Guitar

・終宴
The Kids Don’t Like It / Reel Big Fish

#hidamori

夜が明けて

HOTALUNAから荷物一式を宿泊先のホテルへ搬入〜三次会を終えて、ファミマのおでんとスパークリングワインで乾杯しながら、どのようにお礼を述べていいか考えてるうちに、いつのまにかベッドで撃沈していました。そして朝からこの文章をうんうん考えています。

出足遅い主催御礼、いつも通りのグダグダ加減で大変恐縮ですが、お集まりいただいた皆様へ、心から御礼申し上げます。

今回の式、パーティーのためにつくったロゴには、錨に乗ったリラックマとコリラックマ、そしてBon Voyage の文字をあしらっています。
このロゴの背景として「仲間たちと出会い、装備をそろえ、扉を開き、そして冒険がはじまる!」
この式を旅立ちのスタートポイントにする、いうコンセプトを夢想していたのですが、それがびっくりするほどの精度で、想像を上回る形で成立してしまった。
正直なところ、このコンセプトのお話は忙殺の中で頭からすっとんでいたのですが、先程、ホテルの朝食の納豆ごはんを食べていた時に、この事実に気づきました。
でも、これは僕の頭が鈍いだけで、決して偶然の成果ではないと理解しています。
もはやサポートというレベルではない支援をしてくれたみんなが実現してくれた仕事です。

みんなから大きな力をいただいた、いただいてしまったことの衝撃に、今日はちょっと呆然としています。
どのようにお礼をしていけばいいのか、僕たち2人にとって今後の検討課題になったのですが、それは生きる目的ともいうものでもあると思うので、妻と話し合いながら、ひとつずつ動いていきたいと思います。

個別のお礼はまたあらためて。
僕たちのためにお集まりいただいた皆様、会場を離れたところから、お祝いの言葉をくれた、祝いの念を送ってくれたすべての皆様に最大級の感謝を。
また乾杯しましょう!
本当にありがとうございました。

金倉 英明 、ひだり

CVP サイトリニューアル

CVPのWEBサイトをリニューアルしました。

http://www.cvp-web.net

フリー生活終えた後も、
CVP宛にちょいちょいと業務関係の連絡をいただいていたのですが
昨今では対応すること自体なかなか難しくなってきたため、
「代表連絡先をなくす」ことを目的としたサイト変更を行いました。
まあもう、ソーシャルアカウントだけつないどけばいいよね…。

サイト閉めたりドメイン捨てたりするにはいろいろアレなので、
その辺はもろもろ今後も維持します。変わりません。
各種ご連絡は今まで通り金倉のメールアドレス、
あるいはサイトでご案内してるソーシャルメディアまでどうぞ。
特に、五反田周辺勤めの皆様、募集中です。
飲みましょう。呼んでください。。

みなさま今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

20:37 追記
そうだ! スマホ対応したんだ。
iPhone、あるいはandroidでも、
なんとなくそれにあってるっぽい見た目でサイト見れます。
@dentaku808 ありがとう。

鎌倉

鎌倉に来ている。何回目かは覚えていない。
昔の日記を調べたら2006年の段階で6回目とか言っているのだけど
その後もそれなりな回数来ているので、トータルはやっぱり覚えていない。

出身地である町田から近いこともあって、
小学校の遠足以来、電車・原付・車で、
「ちょっとした連休」があると訪れる場所というイメージを持っている。

小町通りの古本屋やカフェを冷やかして、若宮大路沿いを歩いて由比ガ浜で波の音を聞いて
クア・アイナでハンバーガーを食べて帰る。
だいたいはそのその程度の滞在。

時折は、これに江ノ電が加わったり、
鎌倉駅北口にあるホテルに素泊まり宿泊なんかが加わる。

http://www.newkamakura.com/

新館と旧館があるが、不安を感じる程ボロい旧館の雰囲気がいい。
旧館に止まれないなら、このホテルに泊まる価値がそもそもなく、
かつ、この宿が取れないなら、
鎌倉に泊まる意義はあまり感じないくらいに気に入っている。
前の宿泊は短くとももう7年くらい前ではあるので、
もしかしたら多少は綺麗になっているかもしれないけれど
綺麗なあの宿にもやはり魅力を感じなさそうだから
ボロいままであることを祈る。

今回は気分を変えて作業するためにやってきた。
横須賀線でぷあーんと。
CVPのサイトの修正原稿の準備。
内容的に別におもしろいものではないけれど、
近日サイトリニューアル予定。
変わったらお伝えするので、よかったら見てみてください。

そんな感じのひとり鎌倉なので
今日はまあ日帰り。

年末だから

毎年、なんだかんだこの時期にはmixi日記をエントリーしてる。
そう多くない継続事でもあるので、記しておきたいと思います。
でもいい加減mixi見てない人やmixiでつながってない人も多いので、
全文コピペをfacebookとかにも載せるかもしれません。

→ ということで、転載です。

続きを読む

逢坂の関よりもっと向こうに。

バスでの遠出は
2006年頃に出演したフリッパーズギターオールナイト大阪以来、
深夜バスに至っては高校時代のスキー旅行以来。
高校の時は旅行会社の手違いで道中ずっと補助席の
憂き目を見たのだけど
今回はバス会社の手違いで席がなかった。
なんというかもう、そういうものなのかもしれない。


http://www.unozukuri.com/

岡山県の港町、宇野では、
クリエイティブカップル移住プロジェクトを中心とした
まちづくり企画「うのずくり」が立ち上がっています。

企画の概要としては、
若く、クリエイティビティに溢れたカップルさんに移住して貰い、
移住してきてくれた人達の力とアイデアを中心に、
クリエイティブで刺激的な町を作る、というものです。

フューチャーポップ☆ラウンジのオーガナイザー•bullさんからの
お誘いを受けて
岡山県の港町•宇野のまちづくりプロジェクト「うのずくり」の
夏キャンプに参加させてもらうこととなった。

宇野はJR西日本宇野線の終着地であり、
香川県高松や、瀬戸内海のアート島として有名な直島に渡る
フェリーが航行しているその発着地でもある。

詳細は現地でわかるとして、
いわゆるアートツーリズムといった感じの旅になる。

で、せっかく瀬戸内に行くのなら、ということで
イベントの手前である今日は
僕の家系の源流と伝え聞く香川県丸亀市、
金倉寺とその周辺を訪れることになっている。

しかし、海に面した境界に住む人々の日常はパナいなと
旅程を組んでて感じた。
ちょっと動こうとすれば、すぐ海を渡ることになる、
その経験、感覚が僕にない。

もろもろ通じて、今回は瀬戸内海を行ったり来たりすること
それ自体がとても楽しみ。
八双飛びのような気分で。