五月晴

写真はGW、沖縄行きからの帰路、機上でパンパンになった雪塩ふぃなんしぇ。

飛行機内上空で、密封された袋やペットボトルは容器内と容器外の気圧差の影響でパンパンにふくらむ。機上でこの容器の封を空けて上空の圧に合わせてやると今度は高度が下がった時にまた気圧の差でギュッとシュリンクする。

話には聞いたことあるような気もするけども、リアルに目の当たりににするのははじめてのことだった。大人になっても知らないことはあるものだ。

雪塩ふぃなんしぇはこの写真を取った後すぐに封を空け、プシュッという音を立てたそのままの勢いでパックリ一口で僕がいただいた。娘のストロー付きマグを空けた途端、ストローからあわあわ麦茶が飛び出たのにはびっくりして焦ったけどおもしろかった。

暑い日が続く。

僕も妻も(娘も)けっこうあれこれ忙しく、僕としては5月5日以来フットサルに行けていないのが痛い。酒にはとても弱くなった。沖縄時間を通じて少しだけ覚えめでたくなった娘の世話と毎日の文化的雪かきに身体の疲労もなかなかのもの。運動という営みが脳と身体の淀みを取り除く重要な生理的現象になりつつある。ニアリーイコールおしっこだ。

ツイッターやはてブで話題になってたさとなおさんのアニキサスアナフィラキーの記事を少し遅いタイミングで読んで、その厳しさにすこし震えたけど、辿り着く先に筋トレというのはまさに理解できた。寝てる人も寝ない人も、僕らはフィジカルで生きている。

いつからこんなになったっけ?って考えた時に思い当たるフシも理由も明確にあって、数年前に体調を崩して以来。健康は不健康に憧れ、不健康は健康に憧れる。ないものねだり。

うっかりすると日々の現実に追われ、現実逃避としてのフットボールにかまけてばかりの日々を過ごしていても、フェイスブックやツイッターで活発に遊んでる友人、先輩、後輩とか見ては「あー小説書いてねーなー」みたいな感覚には見舞われるもので、そういう気分にちょっとだけ、ほんの片足の小指の先だけでもつながっておきたいなんて時に、このブログを主にiPhoneから更新してます。

週末は友人のやるBBQです。ずっと晴れてろ。

文化と時間と貨幣価値

ばるぼらさん記事

先日、友人の @polygra から下記の記事のURLが唐突に届いた。

フリッパーズ・ギター『ヘッド博士の世界塔』架空のライナーノーツ

自称「ネットワーカー。古雑誌収集家 & 周辺文化研究家」、80年代サブカルチャーやインターネット周辺に詳しいことで知られる「ばるぼら」氏によるフリッパーズギターの3rdアルバム「ヘッド博士の世界塔」に関する500円の有料記事が良記事だというのだ。

教えてもらったものの、結局僕はまだこの記事を読んでいない。この記事単品 1記事にかけるお金として、500円は高いと感じたからだ。

僕はコンテンツはフリーライドに限ると考えるタイプではない。実際のところ、コンテンツとして高いかというと、ちっとも高いとは思ってない。ただ、いま「ヘッド博士」にまつわる情報を得るために500円をかけることがアリなのかナシなのか。

そこを考えていくと、500円この1記事に払うなら、ギリギリラインで購読を我慢し続けている郡司聡さんの町田日和を1カ月購読したい。

なんて考えると、ちょっと財布は開きにくいなぁ、と感じたのだ。

そもそものところは、昨年末の小沢健二の「アルペジオ」発表が、あーそういうことやっちゃうんだー的なショックが結構重く…年明け音源もちゃんと買いましたが、それでも印象はさして変わらず。身勝手にも、渋谷系もうちょっとお腹いっぱいかな…なんてひとり怒ってたのが大きいのですが。

なんでこんな話するのかっていうと、今日、そんな小沢さんの国際フォーラムライブのプレオーダーについてのメールがgmail 宛に届いてたからです。

小沢健二「春の空気に虹をかけ」

これも高くないけど高い!

いや高くないのだけど…高い集金……。

いいんです…本当に見たければ払えば見れるんだから…行ったら絶対高くないんだろうけど(読めないが)、とはいえ野津田山登り5戦分かぁ…。

どんな文化にどれだけ時間かけて、どれくらいの貨幣価値を見積もるのかってのは、個人のタイミングと気分が手掛かりで、あまりにも難しい。

こんだけ言っても記事購読して東京国際フォーラム行っちゃう未来もゼロではないが(行くなら妻も連れていきたいが)最近の僕はいささか信心が足らないようだ。

そんなことを Going Zero 聴きながら家路を向かう小田急線で考えてたので書いておくことにした。ほら、こういう雑文、studio voiceとかであったじゃん。

町田市ホームページキャプチャ

2018・02・25町田市長選・市議選の意義

町田市ホームページより

2・25Jリーグ開幕戦。町田ゼルビアはアウェイ京都戦

この週末は、待ちに待ったJリーグ2018シーズン開幕。
おらが町チームである町田ゼルビアは2・25日曜日、アウェイ京都戦からのスタートです。
今年はシーズンチケットも買ったので、昨年までよりもう少しつっこんで、試合を見たりスタジアムに行ったり積極的にやっていきたいと思います。がんばれゼルビア。

さて、この2・25という日はアウェイ京都だけでなくホーム町田でも熱い戦いが繰り広げられます。
タイトル通りですが、この日、

2/25(日)町田市は4年に1度の町田市長選・市議選を迎えます。

2・25 は町田市の市長選・市議選

基本、極端に政治的な話はしないスタンスなのですが、今回はどこか向こう10年に渡る町田市の方角を左右する選挙になるように感じていて

少し書いてみることにしました。経済も政治も素人なので、なにか内容に誤解があったならぜひ教えてください。)

なぜ、そんな風に感じたかというと、今回の選挙が、町田市にとって2020年以降に見込まれる人口減少に直面する前の最後の選挙だからです。

2020 以降、町田市の人口は減っていく

町田市の人口は、2020年をピークに人口減少期に入り、2030年から2060年の期間で減少傾向が強まります。2060年の人口は2015年と比較して20%減となる見込みです。
出典:町田市ホームページ

労働法改正や医療制度改革など論点となる法制の大前提のためか、報道でストレートに話題に上がる機会はさほど多くない気がしますが、日本全体の総人口は2011年を境に、すでに人口減少社会に転向しています。人口減少社会は将来来るべき未来ではなく、もう来ています。

2017年1月1日時点の人口動態調査によると、日本の47都道府県のうち、人口数がプラスとなったのは6都県のみだそうです。(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・愛知県・沖縄県)

町田も東京なので、現時点で地方における人口減少や過疎の問題と並べて語るのは少し事情が異なるでしょうが、ともあれ2020年からは町田も国に9年10年ほど遅れて人口減に転じていきます。

自治体・コミュニティ繁栄維持の条件

素人の私論ですが、自治体やコミュニティの繁栄維持には、おおざっくりに考えても、最低限、以下の3つの条件が不可欠のように思います。

  • 人の流れの活性化(交通・観光・ビジネスなどによる)
  • お金がまわる(地域の経済活動による)
  • 人が増える(町田以外からの人口の転入促進・市外への転出抑制による)

人口・税収の減少をそのまま指を加えて見ていては、街は緩やかに死んでいくことでしょう。

人口減少そのものは、町田に限らず、日本社会全体で回避しかねる、現実的には既に確定している将来です。

東京と神奈川の狭間、都会とも田舎ともつかない中間地のような地勢にある町田市が、その存在感を高めるアクションに集中していられるのは、まだ人口減少・税収減への対応に追われていない、今だけなのではないでしょうか。

夢を見られる町田に住みたい

楽しくなければ住まれない

将来に向けた活性の拠点、レガシーを作る意味で、町田市立陸上競技場をふくめた野津田公園周辺の環境整備は、クランベリーモール終了後の南町田の再開発や多摩モノレール・小田急多摩線延伸などと並んで、重要性の高いプロジェクトだと認識しています。

賑わいの作り方や、市民生活の向上にはいろいろな考え方が存在していい。
もちろん財政健全化に向け、ムダを配していくようなアクションも欠かせないことですが、それ以上に、現状課題の改善を目くじらを立てて追い続けた結果、未来に向けた希望の色が次第に色あせていくことを避けたい。そんな街に住みたくない。

人口減少転向というコミュニティの潮目の変化まで猶予がない中、いま将来に向けて、この街が取り組んでいくべきことは何なのか。

個人的には、それは大人も子供も夢が見られる街、より楽しんで日々を過ごせる空間に街全体を停滞なくアップデートしていくことなのではと考えています。絶えないアップデートで市民も市外の人も巻き込んで賑わいを作る。

中でも子供たちにこの街を好きになってもらうことは特に重要です。
大学~新社会人といった時期に、一度、都心方面に出ていった子どもたちが、当たり前のように戻ってくる、そんな町田であってほしいです。

2・25 とりあえず選挙に行こう

18歳以上の町田市在住の方は、2・25、面倒がらず選挙にいきましょう。地方自治は、国政よりはまだ自分たちの希望がダイレクトに反映される投票のはずです。

私たちの住む町田の未来がどこへ向かうのか、すべてはこの投票からはじまります。
予定のある方は前日の不在者投票をご検討ください。
昨年の衆議院総選挙は不在者投票に行きましたが、駅近くの文化センターで投票が出きて、投票所に行くよりむしろ便利に感じました。

町田市あるいは皆様のお住まいの地域にとってポジティブに思える主張をしている候補を、あなたの判断で投票してください。

ゼルサポのみなさまへ…

そして、特に町田ゼルビアサポのみなさんにお知らせしたいこと。

前回の市議選 当選ライン、前回・今回の有権者数の変化率をもとに推計してみると、町田市議 当選に必要な得票数は下記の通りとなります。

町田市の有権者数(平成29年12月1日時点) 356,759 前回町田市市議選時の有権者数 340,281

前回町田市市議選の当選ライン下限 2,227 ⇒今回の市議選の当選ライン推計 ≒2335

3000票、昨年の野津田の平均入場者数程度の投票があれば、ぜんぜん行けますよね。。

今回の選挙の成果がどうなったかは2022年にわかります。
たった4年後、すぐです。

だからこそいま、町田をひとつに、スピードをあげて新しい時代に突き進むために、みんなで投票に行きましょう。

かなくらひだり twitter : @hidari

【備忘録】adidas エース タンゴ 17+ ピュアコントロール TF使用感

adidasのセールで靴を買った

adidas 公式サイトでセールをやっていたので、昨秋くらいからリプレイスを進めているスニーカーを買うことに。

Alpha BOUNCE 5/8

https://shop.adidas.jp/products/BW1387/

Web広告で見た青金のスニーカーに一目惚れしたのがキッカケなのでした。

https://store.line.me/stickershop/product/1109787/ja

なんか似てません?町田ゼルビアのマスコット・ゼルビーです。

青と金はゼルビアカラーな感じもあり、ちょうど先日SVOLMEのベンチコートも買ったので、あわせてコレ履いて野津田行くべきじゃね?とか思い、買うことにしました。

カートに入れたところ、あと1足買うと20%オフになると言われまして。これはいい機会だと自分を言い聞かせ、、ちょっとお高いトレーニングシューズを買ってみることにしました。ずっと気になっていた、シューレースのないタイプ。

エース タンゴ 17+ ピュアコントロール TF

https://shop.adidas.jp/products/BY2228/

事前、ネットのブログレポを熟読しながら、3日くらい考え考え、妻に相談して考え、買いました。マジ釣られクマ。

僕の足はかなり幅広気味です。(甲高は普通)

ブログレポでも縦が余り気味、という話も出ていたことを考慮して、いつもは27.0cmの靴を履いているところ、どちらの靴も28.0cmをポチリ。

果たして合うのか、合わなかったら街履きでいいやエイヤー!とたかが1.5万くらいなもんですが、清水を飛び降りる気分。。

商品届く

大雪の影響かちょっぴり配送も時間かかったのですが、この週末土曜日に商品到着。

青金のスニーカー、足幅ぴったりで入るのですが、前評判通り左右の余裕がなく、残念ながら靴全面のチャックはしまらなそうです。。

とはいえ、つま先はすでに少し余っていてこれ以上サイズを上げるのも現実的ではないので、このままチャックしめずに履く感じになりそう。

エースタンゴもさっそく試しばきしてみる。

足の入れ口は少しきつめで入れずらく、adidas印の小さな靴ベラも付いてきました。とはいえ、靴ベラ使うより、ブログに書かれていた通り入れ口前後についているリングをつまんで、引っ張りながら足を入れればそう苦労はしませんでした。

実際履いてみると、足先が1.5cmくらい余ってしまうものの横はかなりのフィット感がありました。

「悪くなさそう」と思うと蹴りたくなり、とりあえず蹴ってみよう!と翌日の個人フットサルを予約。うまくプレーできなかった時のために予備のシューズを持参して実際に蹴ってきました。

エース タンゴ 17+ ピュアコントロール TFで蹴ってみた

実際に履いて走ったり蹴ったりと動いてみると、なるほどー、という感じでした。

走っている時の感触が、ソックスのまま走っているような、今まで感じたことのない感触でした。

レースレスということで、紐の代わりに足の甲まわりを、シューズがギュッとしめつける形で固定されるのですが、ソックス履きの足にシューズが捕捉して「ぴったり靴がついてくる」ような印象でした。

足首あたりまでが紐ではなく、弾力性のある締め付けでホールドされている、靴自体がソックス様にできているので、ダッシュの踏み出しや急な切り返しにも、靴が動きを邪魔せず、無理なく足を運ぶことができそうです。

また、足の甲、インサイド、足裏どれでも、トラップがしやすい気がしました。ボールを受けやすいというか、感覚的に「こうボールを置きたい」というイメージを再現するためのちょっとした手助けを、シューズがしてくれる感じです。

かかとの硬質素材の影響か、少しの力ではっきりしたヒールパスを出すことができたのも印象的でした。たぶん今までのシューズだともう少し弱いあたりだったんじゃないかと思う。

ロングパスやシュートについてはコントロールの面でもう少し慣れが必要そうです。(そもそもヘタクソだというのもありますが)つま先がやはりちょっと大きいことの影響が少し出そうかも。

それでも、動きやすさ、ボールの受けやすさ…確かにこのシューズは靴というよりボールを蹴るための道具として洗練されているように感じました。あんまイマイチだったら日常靴として使おうと思ってましたが、とてもそっちの線はないなとプレイで使ってみてよく理解できました。

今までフットサルでは、5000-8000円くらいのトレーニングシューズを中心に使っていたのですが、今回買ってみて、やっぱりハイエンドのシューズにはハイエンドなだけの理由はあるのかなぁと、プラシーボかもしれませんが、感じました。

ある程度継続的にプレイするつもりの方なら。ある程度良いラインの靴を、ボールを蹴る「道具」として選ぶのは、プレイしやすさの面でも、アリなんだろうなと思いました。

自分仕様のトレシューほしい

良いモノ買えたな、とは思っていますが、とはいえ既製品でぴったり合う靴探すのは、なかなか難しいですね。特にネット通販だと尚更。。

本当は、足幅・足裏長さふくめジャストフィットしたトレーニングシューズをカスタマイズでつくれたりすると嬉しいんですけどね。MyadidasやNikeIDとかなら作れたりしないのかな…

もしそういうサービスあれば、またタイミング見て利用してみたいと思います。

久しぶり

家族とリビングで過ごす夢を見た。電気をつけた部屋、夜中のリビングに父と母がいて、他にもたぶん人がいて、なんでもない感じで談笑してる夢。

夢の中で僕は

「おやじさんは閉じた箱は描けるけど、広がりのある箱を描くのは苦手だったよね」

と2種類のフローチャート図に描いて話していて、みんなで笑ってた。

描いていたフローチャートというのは、組織図のようなもの。ひとつは頂上の1箱から下に下に降りていく感じの、スポーツのトーナメント戦のようなフロー。もうひとつは中央から枝葉が伸びるようにパラパラと箱が広がっていくようなフロー。

親父は少し笑いながらも、自分のことを言われて、少し居心地の悪そうな、でも澄ましたような穏やかな表情で話す僕を見ていた。

「でも、あれから親父さんはずいぶん賢くなったというか落ち着いたよね」

と僕が言ったところで目が覚めた。

今日は僕の38歳の誕生日。夢の中で顔を出しに来てくれたのね。ありがとう。

法事で聞いた話だと、白衣をまとって旅に出た故人は、あちらの世界で仏様の弟子として日々過ごしているらしい。

夢で見た親父はほどよく小慣れたデニム色のボタンダウンシャツとズボンを着てくつろいだ感じで、なんか元気そうだった。あんま変わらんね。

なんというか、似合わないしね。ちゃんとした感じ。弟子にしては出来も悪いだろうし…。

ボロボロ涙流しながらこのテキストを打っていたら、娘が寝言で「パパ?」とつぶやいた。

娘よ、ありがとう。

※8:50追記

加えて奇妙なことがあったので追記。

朝方、起き出した妻が2階に上がる階段あたりでGに遭遇。

一度リビングに行ってスプレーを取って階段に戻ると、Gは、スプレーもしていないのに階段中ほどに飾ってある親父の写真の前でモガモガ苦しそうにして止まってたらしく、すぐにやっつけられたそうな。

親父からの使者なのか、親父が退治してくれてたのか…。

半月

3年前に帰ってきた、僕の生まれ育ったこの街で空を見上げたら、美しい半月。iPhoneのカメラじゃ捉えきれないけれど、大きくて明るい月面と、はじめからそういう形だったように自然な翳り。

この場所へ戻ってくるまでそれなりな時間がかかってしまったけれど、時間がかかったからこそ、いま僕が家族とともにここにいることに自己満足だけではない意味があると信じてる。
この場所の景色を覚えてるのは、僕だけじゃないのだから。すぐそこの曲がり角だって、また僕らを覚えている。

秋深KYOTO

気づけば1か月くらい間空いてました。ばたばたしているとなかなか書きづらい。

前職会社のデザイナーさんの結婚パーティーにご招待いただき、京都に行ってきました。

京都自体は子供の頃の家族旅行に修学旅行に、両手行くかくらいの回数は行ってるのですが、11月の京都なんて紅葉狩り真っ只中のオンシーズン。
混雑が目に見えているので、今まであまり足を向けたことはなかったけれど、娘を連れてはじめての旅にはいい機会と、もうNか月前から予定していた旅程です。

子連れということで無理はできないので、土曜の午後京都入り。パーティーに参加。

(個人特定不可処理済み)

久しぶりの仲間たちと再会し、めでたいめでたいの時間。

解散後、宿にいちばん近いライトアップを見に東寺へタクシーで駆け込み。

ライトアップも綺麗だったけれど、金堂の薬師如来、日光菩薩、月光菩薩が並ぶ迫力は凄かった。期せずして観れた満足感がありました。

定番と言われる鞍馬山を越えて貴船神社に向かうルートを取りました。

だっこひもで妻の胸元に収められたまま、山道を連れまわされる娘の図。(僕は荷物担当)

ともあれ、かねてより訪れたいと思いつつ、京都北方の山の端という立地から足を運べずにいた貴船神社に、ようやく行くことができました。

紅黄に色付く鞍馬の山が雄大すぎて貴船のスケール感が相対的に少し小さく感じられてしまうという、とても悩ましい気分も。
でも、美しかったし、訪ねられたことで満足です。

絶対見たい!という妻に連れられ、叡山鉄道貴船口からの帰路を一乗寺駅で途中下車。詩仙堂へ。

新幹線を1時間遅らせた甲斐はありました。

帰って娘をリビングに転がしたら寝返り祭開始、ころころ転がりキャッキャ言ってくれてお父さんお母さん安心しました。
娘と妻、ありがとう。お疲れさまでした。

adidas ジャージとoasisの話

今日は先日書いたブログの引用から。

あと、ちょっと昔のAdidasのなんかがちょっとほしいです。
パーフリ小山田やノエルギャラガーがやってたような。

リアム
パーフリ

ということで、adidasジャージをヤフオクで仕入れました。2着。

その1。



特にTOKYOの書体のラインが最高だったのでポチった。
これひょっとしてすげーダサいんじゃね?ってやや不安を感じながらの購入だったんだけど、届いてみたらサイズ感もジャストフィット。


前面右下にはまさかの鳥。3匹。クールすぎる背面に気を取られ購入時は気づかなかったのですが、個人的にポイント高い。

僕のためにあるようなジャージでした。本当にありがとうございました。

その2。


その1がはしゃぎすぎなので、手堅くかっけえと思った80’sを購入。イギリス労働者階級気分。

「Train Spotting」Iggy pop、underworldやblurなど当時のブリットカルチャー全開なサントラで有名な映画だけど、oasisにも声かかってたけど断ってたそうです。
「鉄道オタクの映画だと思って断っちまった、やっときゃよかったなー」ってノエルが言ってたそうです。
きょうラジオで聞いた話だけどソースはたぶんこれ↓

NME’Oasis turned down ‘Trainspotting’ because they thought it was about trainspotters’

無理矢理入れるなら roll with it あたりでしょうか。

「イギリスだと道行くじいさんが夜道でoasis歌ってて、この国だとロックは演歌なんだなーって思った」みたいな話がなんかの雑誌に載ってて、そのことを学生時代にやってた文芸誌の(ページ数あわせのための)コラムかなんかで書いたこと思い出した。曖昧だけど、たぶん書いてた気がする。
紹介するにしても又聞き過ぎだな、思い返すと。

子どもたちと光の色

子どもがたくさん来た

子どもたち
日曜日。妻の高校の友達3名がお子様連れで我が家にやってきた。
集まった子どもたちは2歳、10ヶ月、6ヶ月の乳幼児。代わる代わるぐずり寝たり泣いたり起きたり、とてもにぎやかだった。我が家のリビングで妻以外がケープつけて授乳したり、子どものおしめを替えたりする光景は、違和感や照れを感じることも特になく、ただただ不思議な喧騒だった。子どもを授かるのに遵守すべきセックスのタイミングについての話題(妻友人 産婦人科医の解説付き)には、さすがに混ざれなかったけれども。ガールズトークの空間に居合わせると、時折こういうことあるよね。

子どもたちはそれぞれ質感が違う

自分の家族以外で、これだけ近い距離で複数の乳幼児を見るのは、当たり前だけどはじめてだった。
おもしろかったのは、どの子もまったく違ったことだ。目が合うだけで喜んで大はしゃぎする子、黙々と本を読む子、手にごはんつぶをたくさんつけてハイハイで疾走する子、そしてうちの子は主に寝るか、(いつもよりやや控えめの音量で)泣いてるかしていた。他の子が果敢に近づいてきても、あまり目を合わせたりするようなことはしなかった。人見知りキャラなんだろうか。
そうした性格の違いはもちろんなのだけど、もっとストレートな部分も違う。髪質に量、目の大きさや形、肌の質感なんかはいろんな子をだっこしてみると、とても違いがわかりやすかった。
病院で見た白衣の赤ん坊は、自分の子以外の見分けはつけようもなかったけど、Nヶ月の時間だけで、これだけはっきり違いが出る。
子どもたちから溢れている生命力のオーラ、光を放っていて、その光の色がひとりひとり全部違う色をしているのだということが強く強く感じられた。で、その違いは、確かにその子の親、お母さんの個性の違いと相似形のバランスになっていて……。
至極当たり前なことなんだけど、なんというか、人間とはうまくできているものだなぁと思った。

J2 第36節

夕方にはみなさん帰られた後、町田ゼルビアvsロアッソ熊本戦をテレビ観戦。野津田(タクシーで15分)でやってる試合をテレビ観戦。。。
アウェイ戦の時にも感じたのだけど、ゼルビアとロアッソはどこかサッカーがかみあう。魂系というか、おしゃれさとかはなく双方必死に走り合いって感じが見ていてすごくいい。球際の勝負も激しく、この2チームの試合では良いサッカーが見れる。来年は子どもも連れてスタジアムで見たい。
試合としては先制してウノゼロ、守備の集中力の高さが嬉しい試合だった。なんだかんだ攻撃陣が好調だっただけで、本来はこういうスタイルが町田らしさだと思う。おかげさまで来年もJ2確定したようで、ひとまずほっと一息。
とはいえ、ここからの6節も相当心配。やむなしなんだろうけど離脱多すぎ痛すぎ…井上の怪我も心配だが、リハンジェまで離脱なんてことはないよね…。
ゼルビア試合後は山口vs徳島を見ながら子どもをあやすなど。「山口に勝ち確定出すには3得点のリードが必要」の法則がJ2でもそれなりに有効なのすごい。山口は早くJ1に行って川崎と試合してほしい。

夕飯

野菜多めのペペロンチーノを作って食べた。トマト入ってるペペロンチーノってなんか身が引き締まっていいなと実感。

朝からいろいろでそれなりほっこりしているけど、いい休日を過ごせた。