【自由大学講義】 幻想のインターネットミュージック

音楽プロデューサー 牧村憲一× IT・音楽ジャーナリスト津田大介
http://www.freedom-univ.com/lecture/detail88.html

あまりにおもしろそうすぎなメンツによる講義なので
たまらず行ってきた。
そして非常に感銘というか、なんというか
もう、いろんな気持ちが、もう、湧いて
非常にテンションが上がる場でした。

以下、おおまかですが講義内容まとめです。
※自分メモ+細かい単語はググッて補正して掲載。
  内容自体は音楽について中心ですが
  個人的には音楽以外含めた頭で聞いてました。



●音楽配信の歴史

1996~ 着メロの誕生

1999  iモードの登場・端末の高機能化
     SONYによるbitmusic~atrac3による音楽配信
     メモリースティックウォークマン~ネットワークウォークマン(2000)
     ※iPodより先んじて、同様のコンセプトのウォークマンをSonyが発売していた
     [世界]Napsterの登場

2000  インターネットバブルに同期した各社音楽配信への参入

2001   [世界]iPod / itunes 登場

2002  着うた…元々Sony関係者のアイデアだった。
        発想の背景としては、従来の着メロビジネスは
        JASRAC経由でアーティストへの利益還元はされるものの
        音源そのものを取り扱っている音楽出版事業者には
        利益になるモデルではなかったことがある。

      「着うた」は、ケータイユーザーが
   「1曲数百円であれば小額決済として
    気にせず買ってくれることを背景に成長。

2004  音楽配信サービスmora登場
    従来、各レーベルごとに別々だった音楽配信サービスを「網羅」する形で登場。

2005  itunes store Japan
    247music(ex.Sony 丸山氏)

2006  MySpace Japan

2007   Natalie

2008  着うたフル プラス登場


●音楽業界にあったIT・通信系の配信事業に対する嫌悪感とは

CD販売中心の市場において、音楽業界から見てインターネット配信は
自分たちの権力を奪っていくものという意識が存在した
カラオケなどと同種~といった音楽業界側の意識として「壁」が存在した

Todd Rundgren 等
信頼できるアーティスト/ミュージシャンのインターネット販売参入が
新しい印象を与えるも、以前としてCDを中心とした流通から大勢は動かず
サービスとしての成功例もまだなかった。

インターネット配信は
CD流通を軸とした「既得権益」を阻害する要因として見られていた。

伝統的に、音楽業界は常に
「既得権益を侵す者への拒否反応」を示してきた。

ex.
90年代 渋谷系の流行~HMV・Tower Record・Virgin・WAVE等メガストアの参入
当初は、メガストアへのアピール・待遇などをよくすると営業から嫌われた。
(既存の流通ルート(各地域のレコード小売店等)の権益が奪われるから)

いまではCDショップでおなじみの試聴器も
Virgin Mega Storeに初設置の際には批判の声があがった。
(「ユーザーに店頭で試聴されたらCD買わなくなる!」という考えのため。)

●複製技術(システム)が変わると、音楽が変わる

1877 エジソン レコードの発明(=音楽複製技術の誕生)

1925 ラジオ放送開始

1964 Moog(シンセサイザー)

1980~コンパクトディスク(CD)

2000 音楽のファイル化

メディア様態・入れ物が変わること
=音楽そのものの変化
として繰り返されてきた。

◇1980 コンパクトディスクの登場が意味するもの
Skip/Back/Stop/Edit の概念が誕生する萌芽

2000年頃のmp3等による音楽のファイル化がはじまる前の段階で、
その地盤は1980年頃、CD登場時点で構築されていったものである。

The Beatles「Sergent Pepper's Lonely Hearts Club Band」
→コンセプトアルバムとしての意味が成立していた

A面 / B面 → 1枚の盤の中にストーリー性を定着構築できた。

CD=Skip/Backで好きなところから再生できる=ストーリーは壊れる

ジャケット・パッケージ含め原価250円のCD=3,000円で販売
音楽業界が長い間秘密としてきたCDを中心とした流通構造

→1曲ずつでの配信=CDベースでの課金ロジックの崩壊

●技術が変わると、音楽が変わる

1956 チャックベリー:エレキギターの定着

1967 ビートルズ「Segent Pepper's~」:多重録音

1973 クラフトワーク:電子音楽
1979 YMO:テクノ

1989 フリッパーズギター~渋谷系

●フリッパーズギターについて
フリッパーズギター:渋谷を中心に6万枚(最終的に25万枚~)
ユーミン:全国区で200万枚

6:200でなお、現在にいたる評価を与えられる理由は…

◇フリッパーズギターの音楽の特徴とは…

・90年代~オリジナルな音楽の飽和状態
・DJ文化の存在/引用という方法
・サンプリング技術
  AKAI S612~低価格になったサンプラー→HIPHOPでの人気→POPS領域への浸透

 2000年代を予見するスタイルがあったのでは。

ヘッド博士の世界塔=91年頃
サンプリングに対して対価を払う習慣はまだ存在しなかった。
サンプリングの対価発生はサンプリングの利用が浸透した
93~94年頃から。

●2000年代に置ける「ライブ」の価値

・CD  =↓売上低下(6,000億円→3,000億円)
・配信 =→2008年で横ばいに
・ライブ =↑上下動ありつつも向上を続けている

ロックフェスティバルの開始(98・99~)
全国各地でのライブハウス増加

□80年代バブル期
 ライブ活動にレコード会社から援助/スポンサー付ライブ

□90年代序盤
 バブル崩壊~

□90年代後半
 ロックフェスティバルの登場

●ソニーのもうけ方

<牧村>
・プレス工場
・営業
・原版権

 +

<津田>
・CDプレイヤー
・CD特許パテント
  atrac3で配信メディアに対しても特許課金を画策=
  特許課金への抵抗感=レーベルごと配信事業乱立期の背景

現在は、総合的なビジネス展開を見据えて
原版権等についてはシェアを図る動きも見える。

●表紙=雑誌を売る方法

イベントが雑誌を売る←→雑誌がイベントを知らせる
ex.ロックフェス特集
ex.ミュージックマガジン「フリッパーズギター特集」は増版出荷された

ex.全国ツアーをするクラスのバンド

・メジャーリリースCD売上=15,000枚

 ↓ ↓ ↓

・ライブ会場限定CD=30,000枚
  流通 / 中取りを通さないため、利益率も高い。

モノの売り方の変化が発生~インターネットは音楽を救うか?

●インターネットと音楽

□従来の音楽業界4レイヤー
 ・メジャーメジャー  :大手レコード会社アーティスト
 ・メジャーインディー :ex.坂本龍一 等
 ・インディーメジャー :インディー出身でのメジャークラス活動
 ・インディーインディー:インディー現場~手売り等

売るモノ自体の違いでレイヤーを分けることができた

活動の「深さ」基準に変化

ex.supercell featuring 初音ミク 10万枚販売~ゴールドディスク獲得
ex.相対性理論

●初音ミクはシステムの変化?

・音楽業界で嫌われる初音ミク

  初音ミク紹介~DTMソフトウェアとしては使いにくいインターフェイス
  発音・音の長さを個別に設定する作業=全然デジタルじゃない

・音楽としては非常にストレートなのに
 ストレートとして扱われない相対性理論
 (アーティストサイドの戦略性含め)

  スタジオボイスではじめて特集が成立→SV休刊
  牧村「間に合ってよかった」(会場爆笑)

●初音ミク普及の特異性

Vocaloidは80年代からヤマハが開発を続けた技術
音楽業界的には「仮歌で使えれば」という認識

・DTMソフトとしては使いにくい
  ↓CGMベースでのノウハウ蓄積~共有
・プロより素人の方が早く順応/適応

極めてインターネット的な利用層形成

プロがバカにしてアマチュアが支持するものがメジャーになっていく

そういう現象そのものは常に音楽業界において
繰り返されてきた。

●ニコニコ動画

コメントすること=イベント参加の感覚
支持表明としてのF5アタック

●インターネットが音楽を純粋にする?

インターネットを通じた音楽活動=中抜き構造の省略?

媒介となるミドルマンには2種類ある
・良きパイプ
・悪しきパイプ

ミドルマンが「音楽流通の仕方の最適」を
インターネットに対して指導できるか?

<MySpaceで人気になれるか?>

たむらぱん
=インディーアーティストとしてそもそも有力
 その上で、MySpaceがカラを破るツールとして機能した。
(数多くのコメントに対して丁寧なレスポンス等)

ネットの活用はあくまでひとつの「方法」でしかない。

「モノ(盤)を出すこと=価値として認知される」影響力は依然として強い


●レコード会社が集めたノウハウの有用性

・いい音楽のつくり方
・ファンにアーティストを理解させる方法

丸山茂雄氏「ストーリーづくり」への言及@ひろゆきとの対談

レコード会社が持つノウハウには
現在でもなお有用性の高いものが多くある。

□フリッパーズの場合
閉鎖的/封鎖的として御する→ステータスの成立

□初音ミク→音楽としてピュア?

□あのねのね→デビュー時の売り出し「吉田拓郎よりおもろい」

 ↓

日本の音楽シーン=キャラクターが支えてきた!

●ノンスタンダード

YMO散会後、「テクノは終わった」風潮の中
細野晴臣のレーベルとして登場。
(同時期に坂本龍一:MIDI / 高橋幸弘:テント・レーベル)

ビジネスとしては失敗
牧村「以後2年くらい記憶がない」

その頃のノンスタンダードの空気と
現在の初音ミク周辺の空気には
かぶるものを感じる
(ちょっとこのあたりあいまいですすいません…参加された方、どなたか補正してくれると)

●インターネット時代に合わせたストーリーづくり

・初音ミク
・相対性理論

それぞれがストーリーを持っている

インターネットを前にして
いかに能動性を発揮して展開できるか?がカギ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です