adidas ジャージとoasisの話

今日は先日書いたブログの引用から。

あと、ちょっと昔のAdidasのなんかがちょっとほしいです。
パーフリ小山田やノエルギャラガーがやってたような。

リアム
パーフリ

ということで、adidasジャージをヤフオクで仕入れました。2着。

その1。



特にTOKYOの書体のラインが最高だったのでポチった。
これひょっとしてすげーダサいんじゃね?ってやや不安を感じながらの購入だったんだけど、届いてみたらサイズ感もジャストフィット。


前面右下にはまさかの鳥。3匹。クールすぎる背面に気を取られ購入時は気づかなかったのですが、個人的にポイント高い。

僕のためにあるようなジャージでした。本当にありがとうございました。

その2。


その1がはしゃぎすぎなので、手堅くかっけえと思った80’sを購入。イギリス労働者階級気分。

「Train Spotting」Iggy pop、underworldやblurなど当時のブリットカルチャー全開なサントラで有名な映画だけど、oasisにも声かかってたけど断ってたそうです。
「鉄道オタクの映画だと思って断っちまった、やっときゃよかったなー」ってノエルが言ってたそうです。
きょうラジオで聞いた話だけどソースはたぶんこれ↓

NME’Oasis turned down ‘Trainspotting’ because they thought it was about trainspotters’

無理矢理入れるなら roll with it あたりでしょうか。

「イギリスだと道行くじいさんが夜道でoasis歌ってて、この国だとロックは演歌なんだなーって思った」みたいな話がなんかの雑誌に載ってて、そのことを学生時代にやってた文芸誌の(ページ数あわせのための)コラムかなんかで書いたこと思い出した。曖昧だけど、たぶん書いてた気がする。
紹介するにしても又聞き過ぎだな、思い返すと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です